渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A

建築の仕事のなかで、寸法を測る道具には、その用途や精度、計測する長さなどに応じて、いろいろな種類のものがあります。


例えば、設計段階では、主要な縮尺があらかじめ刻まれた (三角形断面の) 定規の 「三角スケール」 を使って図面上の寸法を確認したり、また最近では、CADで描いた図は、CAD内で長さや面積、角度を簡単にかつ高い精度で計測できるようになっています。


現場では、敷地や建物の原寸を測るための巻き尺には、要求される精度に応じて用いる素材の違いがあって、例えば地縄張りのときには (少々の伸びは問題ないので) 樹脂製で、水盛遣方では (伸びは許されないから) 鋼製で、といった使い分けをおこなうのですが、現場の状況や建物の内容によっては、測量用の機械 (トランシット) によって、仰角や水平角、または距離を測ることもあります。こうした道具類が手元にないときにも、歩幅 (約50センチ) や、親指と人差し指の間 (約15センチ) により得られた 「ざっくり」 した寸法は、計画の初期段階では貴重な資料になりますし、方位計測機能のついた腕時計は、ボタンひとつでその敷地の方位がわかって、これはなかなか重宝します。


Img_06bf661ca6fcb05fd5c5245aba455a91

上の写真中央の 「黄色の丸いやつ」 は、鋼製の巻き尺の仲間です。計測長さはおよそ10メートル弱まで、と短いのですが、手のひらに収まるほどの大きさで持ち運びに便利、職人さんも設計者も、現場では皆が携帯しています。呼び名はスケールだったりコンベックスだったりメジャーだったりと、いろいろな名前をこれまで耳にしてきたのですが、では正式名称は何だろうと調べてみたら、JISに倣って 「コンベックスルール」  (Click!)  と呼ぶのが、どうやらニアピン賞のようです (このブログでは以降も、呼び慣れた 「スケール」 で続けることにします) 。


ブログタイトルにもあるように、写真の 「スケール」 は、左利き用で、(株)NEXTSTAGEさんの検査員研修の際に紹介してもらって使い始めました。一見何の変哲もないスケールなのですが、これは 「痒いところに手が届く」 優れものなのですが、あらかじめ断っておきますが、私は右利きです。


では、どのように 「優れもの」 なのかというと・・・

Img_b674c8e31e3aad5e3664e40bffffb2e2

上の写真のように 「左利き用スケールを左手に持つ」 とは逆向きに、つまり 「通常通り」 に、

Img_60ad0e370eb2e9c9497b011ed1911cdd

「右利き用スケールで(監理報告書と工事写真集の)写真撮影」 をおこなうときには、上の写真のように、 「<左手>に持ったスケールを右側に引き寄せて、右手に持ったカメラで撮影」 しなければなりません。左利き用のカメラ (あるのかな) を使わない限りは、必ずこのようになります。


そして、 (スケールを持つ) 左手に浮かび上がる血管からもお分かりのように、この撮影は、撮影者にかなり不自然な姿勢を強います。


Img_d23456c3d8b17ad932fb2ad3f7a11297

対して、 「左利き用スケールを左手に持ち、右手のカメラ」 での写真は、このような感じです。なにより身体が楽ですし、作業中に通りすがりの子供さんから 「ねえおかあさん、あのおじさん、へんなかっこうでしゃがんでいるけどどうしたの?おなかがいたいのかな?」 と指さされること (ほぼ実話) も、これならばもう大丈夫でしょう。


それはともかく、同業の 「なんだか窮屈だなあ」 とお悩みの方、これ  (Click!)  はおススメですよ。


一連の写真は、境港市内の店舗併用住宅の現場です。まもなく上棟をむかえます。