渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_c81c4027796f31e0ac6ac63b70b35f63

日本の住宅政策の 「量から質へ」 の転換は、


「住宅政策5か年計画」 を廃止し、あらたに 「住生活基本法」 が制定された2006年 (「耐震偽装問題」の翌年) からであると言われています。


「つくっては壊し」 から 
「よいものをつくって、きちんと手入れをして長く大切に使う」 


住宅づくりをおこなうことが、これからの主流となるような政策の一大転換で、この流れの中で 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」 (2008年) も制定されています。


普及に向けての国からの助成事業は、 2008年の 「超長期住宅先導的モデル事業」 から今年度の 「地域型住宅グリーン化事業」 まで、名称や運用方法をその都度変更しながら (ややこしい^^;) 、 「よいものをつくって、きちんと手入れをして長く大切に使う住宅づくり」 へのアシストが続けられていて、現在では、事業採択 (事業審査の合格) を受けた事業者が設計・施工をおこなった住宅に対して、工事費の一部が補助されるシステムとなっています。


現在実施設計中の住宅は、設計業務と同時進行でこの、今年度事業である 「地域住宅グリーン化住宅事業」 の申請準備をおこなっています (今夏 「山陰の木でつくるCM分離発注の家」 として、国交省の事業採択を受けました)。 


長期優良住宅は、個人的には今回で5棟目の案件なのですが、分離発注 (オープンシステム) による事業採択を受けた事例、としては、この住宅が全国初となるようです。身が引き締まる思いですが、引き続きコツコツと、準備を進めてゆきます。