渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_711e166ca2e57c217266134ded4de883

久しぶり (Click!) に床下に潜ってきました。築50年の木造住宅です。


ふたを開いて漬物や梅酒のビンを取り出し、床下収納庫を取り外してあらわれた床下の地面は、表面に砂が敷いてありました。床下一面のコンクリートスラブを耐圧版と防湿兼用にする「べた基礎」が主流の昨今ではあまりみかけることはありませんが、湿気もなくさらさらで、土台や大引きなどの構造材にも目立った痛みはなく、非常によい状態でした。


泥もつかず、地上にもどったときに作業着についていたのは砂埃だけでした(よかった!)。


Img_1a9db1c33e024b21fd9ea117b30ad7cd

基礎の上の土台表面に塗られている塗料はおそらく防腐剤で、クレオソート油(=蒸留したコールタール、現在は原則使用禁止)のようです。

Img_965e070e913e207fa12b7a1a6eb7d055

リフォームの際に水まわりを追加設置されたとのことで、給排水管はまだあたらしかったです。

Img_d461552e11b9628856aa1b2fcf975a85

さらに奥へ進むと、ステンレスの箱状のものが地面に埋め込まれていました。これはなんだと地上に戻った際にその地点をさがすと、そこは掘りごたつでした。


乾燥した床下とはいえ環境は外部と同じで、これはおそらく結露による腐食を防ぐためのステンレスなのかと、先人の工夫を学ぶ床下潜入となりました。


※現在は、ここまでしなくても掘りごたつを設置 (Click!) できます。