渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_a3f458f2e07b636eefbddf34cb629fe4

鉄筋コンクリートの基礎の上に土台を組む (Click!) と、そこから上、屋根までの構造体は、人数をかけてクレーン車を用いて一気に組み上げてゆきます。朝からあいにくの雨が降るなか、東福原の家の棟上は、大工さん6人+クレーン車オペさんの、7人体制でスタートしました。


まずは1階の柱を建て込みます。


Img_cb5e0ad1676cc4635b3b4242fd6d8a92

1階柱の上に床梁を架けて2階の床をつくり、その上にまた柱を建てて、

Img_bd363a9fb42508d5fb783a9e71f1ed47

屋根構造を組み上げてゆきます。


上の写真の右下に見える、屋根の頂上(=棟)部分を支えている梁は棟木(むなぎ)と呼ばれ、この棟木が上がった状態が「棟上(むねあげ)」です。


この頃には雨もあがり、雲のあいだから日も射しはじめました。


Img_141dbfd693da23f75682ac3d511e98cc

屋根の防水処理までを終えて本日の作業は終了です。夕方、構造が組みあがった(=棟木が上がった)ことを祝って、上棟式がおこなわれました。棟木の下に祭壇を設えて、関係者一同で拍手を打ち、お清めの後、

Img_0639b178d3037141e11024eb0a8b3d5b

餅撒きをおこないました。