渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_39204002c3793f89de19d1d612e02bcd

東福原の家、基礎工事 (Click!) に続いて、土台敷きの様子です。


「○○の土台」
と、書いて連想される土台のイメージと言えば、目に見える華やかな部分を支える縁の下の力持ち的なもの、ではないでしょうか。同じように「木造建築物の土台」も、


・鉄筋コンクリート造の基礎と木造軸組とをしっかり繋いで、
・1階床の水平面を確定させる、


目立たないけれど大切な構造部材です。大工さんたちを遠目から眺めて、うっかりするとなんだか材木を横に並べているだけのように見えなくもないのですが、実際には、手作業でしかできない微調整を繰り返しながら、設計値と設計寸法を現場で作り出しておられます。目立たないけれど大切な工程です。

Img_e3976db81aefccd52537c0189d3f7d4d

土台は木構造部材のなかでは最も地盤面近くに据えるために、湿気の影響を考慮した樹種選定が必須ですが、弊社ではヒノキ(またはヒバ)をお勧めしています。今回の土台もヒノキを用いていますが、穴あけ作業で土台にドリルを通すと、一帯にヒノキの爽やかな香りがひろがります(^^)

Img_a532f0b146b1086d077f3e225de9a557

土台は、基礎に埋め込んだアンカーボルトにあわせて穴あけして、所定の位置にナットで締め付け固定して据付けます。土台の下、基礎梁(立ち上がり部分)側面に見える水色は断熱材で、床下が室内と同じ環境となる設計です。ここは漬物やサツマイモ、ワインなどの収蔵庫として活用できたり、冬場、床からの底冷えを防ぐ空気層にもなります。

Img_aacb34e3e677af510ca3a59ab6279b7b

基準の水糸を睨みながら床高を調整して、水平面を確定させます。

Img_108d59df53b1a0ca72d8a38358dc9986

この上に柱梁を組み上げます。平面が立体になるまで、あと一工程です。